ホーム>田中伸弥とお好み焼き物語

田中伸弥とお好み焼き物語

物心付けば、そこにお好み焼きがあった。

とらじのお好み焼き

僕は生まれも育ちもずっと広島なんで、小さい頃からお好み焼きは「あたりまえ」の存在としていつも食べていました。
広島では、家でお好み焼きを作るってことはほとんどなくて、お店で買ってくるものなんです。
なので、子供の頃の土曜日とか日曜日のお昼ごはんにはお好み焼きを買って帰ってきたり買いに行ったりがいつもの事だったんです。

それは大人になっても一緒で、ずっとお好み焼きは食べ続けています。
一人暮らしをしている頃なんかは、週に3回~4回はお好み焼きを食べていました(笑)
安くて、ボリュームがあって、しかも肉も野菜も入っていて実はバランスもいい!
もしかしたら僕の体の半分くらいはお好み焼きで出来ているかもしれません(笑)

 

営業マンからの独立

営業マンからの独立

実は僕、高校を出た後は10年位、会社員として働いていたんです。美容系の営業マンでした。
昔から、「いつかは飲食店を自分でやりたい」と考えてはいましたが、やはりいきなりではなくてしっかりと社会経験を積みました。
その当初は、飲食とはいえ何をやるかまでは決めていなかったんです。
でも、いざ改めて考えてみたら、広島でやるんだし、やはり子供の頃からずっと馴染んできたお好み焼きだろうと。

また当時、「食べ歩きブログ」みたいなのが盛り上がってきている時代でして、その中にお好み焼きを1000件食べ歩くことを目標にして人気を集めているブログがあって、「僕もその中で紹介されたい!」っていう気持ちも後押しになったことも事実ですけどね(笑)

 

思い立ったらもう止まらない

とらじのお好み焼き

「お好み焼き屋さんをやろう!」
でも、いきなり何のノウハウもなしにお店を始めるのはさすがにできない。
そこで僕は、当時も今も大人気の超有名店に飛び込んで、
「給料も休みもいりません!一生懸命働くので、ここで勉強させて下さい!」って(笑)
若さと勢いもありますけど、本当に心から「絶対にやるんだ!」って気持ちでいっぱいだったんですね。
それ以外にも、ありとあらゆるツテでいろんな人に会いました。件のブロガーさんとも知り合いました。

 

ジムにお好み焼きのサンプルを持っていった。

スポーツジムにお好み焼きサンプル

その後、無事「お好みダイニングとらじ」開店!いよいよ始まりました!
僕は昔から金本選手が大好きで、金本選手のブログに「トレーニング後はいつもお好み焼きを食べる」と書いてあったんで、絶対に食べてほしいと思いまして、そのジムの会員になり、サンプルを持って行ったりしてました(笑)
草の根作戦が功を奏し、徐々にそのジムでとらじのお好み焼きが浸透してき、ついには金本さんの耳にも入って注文してくださるようになりました!
お店にも来てくださるようになり、金本さんのご紹介でテレビに出演させていただいたり、他店に指導にいかせてもらったり、
毎年正月の練習後はとらじでお好み焼きを食べてもらうのが恒例になっています。
本当に感謝と感激で言い尽せません。

 

感謝感謝感謝。

柏木選手ユニフォーム

金本選手の他にも、サッカーの柏木選手もよく来てくれます。
実は柏木選手は今みたいに有名になる前、とらじのオープン直後から来てもらうようになったんですが、
その後どんどんと大活躍してメジャーになっていき、チームメイトをたくさん紹介してくれるようになりました。
うちの店、「運を呼びこむ店」って名乗ってもいいですか?(笑)

話は少しさかのぼりますが、件のブロガーさんが、とらじ開店後にそうとは知らずにご来店いただいて、お互いに驚いたことがありました。
知らずに食べて頂いて、その後「あれー!?」みたいな(笑)
ブログにも書いていただいたんですが、かなり辛口なことを書かれまして、でも、そこで指摘されたことを充実に修正していきました。
ここでも感謝です。

本当に色んな方への感謝でいっぱいですよね、とらじは。

 

お好み焼きのスタイルをずっと受け継いでいきたい。

オーナー 田中伸弥

子供の頃からずっと食べてきて、「あたりまえ」の存在として育ってきたお好み焼き。

僕は、お好み焼きはずっとずっと同じスタイルで受け継がれていくべき存在だと思っているんです。
先人から広島の人が受け継いできたお好み焼き。
僕が、修行先で受け継いできたお好み焼き。
これから、次の世代が僕から受け継いでいくお好み焼き。

これは、とらじが何年たっても、どんなに大きくなっても、何世代変わっても、変えるつもりのない、変えてはいけないものだと思います。

そのかわり、鉄板焼きメニューやお店のスタイル等、お好み焼き以外の部分は常にアグレッシブに新しいことを考えてやっていきたいですね。
変えるものと変えないもの。
そんな、攻守兼ね備えたとらじを育てていきたいと考えています!