ホーム>COLUMN 広島焼き?お好み焼き?

COLUMN 広島焼き?お好み焼き?

大阪はおかず、広島は主食。

とらじのお好み焼き

広島のお好み焼きと大阪のお好み焼きの違いって何だろう?ということを考えた時に、
僕が思うのはまず、ご飯と一緒に食べるか食べないかがあると思います。

大阪では、「お好み焼き定食」っていうのがあったり、おむすびが付いたりといった、お米のご飯と一緒に食べるおかず的な位置にあることも多いですよね。
それに対して広島では、ご飯と一緒に食べることはまずない。
それだけを食べる。あるいは、飲んだあとの締めの一枚。

主食、メインディッシュの位置づけなんですね。

 

広島のお好み焼きは、家ではほとんど作りません。

とらじのお好み焼き

大阪のお好み焼きって、店でも食べるけど、家でもよくホットプレートなんかで焼いて食べるじゃないですか。

でも広島のお好み焼きは、店で食べるか買ってくるのが普通で、
よっぽど自分でやりたい人以外は家で作ることはほとんどありません。
小麦粉の生地の中に具材を混ぜ込んでいるのでまとめやすい大阪のお好み焼きに対して、
薄く引いた生地の上にキャベツやもやしなんかのばらばらになりやすい具材を乗せて焼き上げる広島のお好み焼きは、まとまりにくく引っくり返すのにもかなりの熟練を必要とするからでしょうか。
僕自身も、子供の頃からお好み焼きは「お店で食べる」「買ってくる」ものでした。

 

大阪の人が広島に来た時だけ「お好み焼き」「広島焼き」の話になる?

大阪

あくまで個人的な感覚なんですが、「大阪の人=お好み焼きにこだわる」っていう定説、「そこまでそうかなあ?」って思います。
たこ焼きは、確かに大阪の人から見ても、それ以外の人間からみても大阪を代表する食べ物だと思うんですが、大阪の人が例えば東京の人やその他の地域の人にたこ焼きについて語ってるのは良く見ても、お好み焼きについて語ってるのってほとんど見ないんですよね。日頃はそんなにこだわってないというか。
ソウルフードとしての職人的こだわりは、広島のほうが強い気はします。

それが不思議なことに、大阪の人が広島に来た時だけ、「お好み焼きは~」「広島焼きが~」って、お好み焼きの話になる(笑)
不思議な食べ物ですよね、お好み焼き。

 

どっちが本物もない。「お好みに焼く」のがお好み焼き。それでいい。

お好み焼き

大阪と広島、どっちが本物の「お好み焼き」なのか?
よく出てくる話題です。
一般的には、当然大阪の人は大阪が本物と言い、広島の人は広島が本物と言う。

でも正直僕は、「どっちでもいい」というのが本音です。
どっちも本物。
どっちが本場も何もない。

「広島焼き」「お好み焼き」「関西風」「広島風」。
そんな呼び名も、正直どうでもいい気がします(笑)

だって、「お好みに焼く」のがお好み焼きなんですから。
それでいいじゃないですか。